不要になった不動産を売却して、安心と収益を得る

不動産のメリット

不動産の売買をしたいと思い立った時にはまず一般的に何をすればよいのでしょうか。
手続きとしては、購入であれば、まず、資金計画です。
まず自分たちがどのくらいの不動産を購入できるのかを確認します。
手持ち資金との兼合いや金融機関からの借り入れを予定しているのであれば、自己の年収から、ローンの上限をシュミレーションします。
そして不動産購入金額が決定したら、それに、見合う物件を探しに行きます。
その後、金額面で交渉が折り合えば、売主と買主で契約書に調印する運びとなります。
その後契約書に記載された引渡し日までに、登記を売主から買主に変更して晴れて公に、その不動産を購入したと言える状態になります。
ではその一連の手続きについて説明します。

上記一連の流れを一般の人が個人でするのは、なかなか至難の業です。
まずは資金計算ですが、こちらに関しましては、今はインターネットでローンシュミレーションのサイトなどがありますので、比較的容易に出来るかもしれません。
しかしながら、次の段階の物件の情報に関しましては、どうしてもプロに頼らざるを得ません。
一般的には不動産仲介会社に頼ることになります。仲介会社は売主と買主を結ぶ仲人役です。

売主から依頼を受けた物件を、広告・宣伝することによって買主を募ります。
やはり物件の情報に関しましては、仲介会社は膨大な情報を持っています。
仲介会社に紹介されて成約した暁には、買主は規定の仲介手数料を会社側に支払うことになります。