不要になった不動産を売却して、安心と収益を得る

不動産売買の利点

不動産の売買では仲介業者が存在します。
この業者は売主と買主の間にたってその不動産売買を円滑にする役割です。
そもそも不動産業に仲介業者がいる理由はなんでしょうか。
新築の建売住宅の場合、間に業者を挟まなければ売主が建売住宅の宣伝をしたり営業をしなければならなくなります。
そのため莫大な広告料と人件費を払わなくてはならなくなるのです。
一方買主は、インターネットを探してもポストを除いても建売住宅の情報があまり見かけないということになり、結局は自分の足で見つけなければならなくなります。
そのために大変な労力が必要になります。
そこで、売主と買主との間に専門の業者を挟むことで不動産売買を円滑にすることができるのです。

仲介業者が間に入ることで、不動産ビジネスはビジネスは活性化し、売主にとっても買主にとっても利益になります。
ただし、仲介手数料というものを支払わなければならない点は注意が必要な点です。
例えば新築の一戸建てを業者を挟んで売る場合、その価格が400万円以上であれば、手数料の額は土地の税抜き価格の3パーセント以下の金額+消費税になります。
その新築一戸建てが税抜きで2000万円だった場合、60万円と消費税を仲介業者に払う必要があるのです。
一方買主も同じ額を払わなければなりません。
ちなみに価格の3パーセント以下の金額というと、1パーセントや2パーセントの場合もありえそうですが、仲介業者の利益を確保するため実際には3パーセント未満に設定することはないと言われています。